男性

疲れが取れない原因を探ろう|スッキリとした毎日を送るには

生活習慣病を予防

メディシン

中性脂肪を減らす

健康のためにサプリを摂取するのは、現代人の常識となりつつあります。中でも、生活習慣病を予防するとして人気の高いのが、DHAサプリです。DHAとは、青魚に多く含まれる成分で、中性脂肪を減らしたり、血小板凝集を抑える効果があります。頭が良くなるという噂もありますが、この効果に関しては科学的な根拠はありません。DHAは、血流の流れを良くし、血栓や中性脂肪を体内に留めにくくするほか、脳や目の網膜に作用して、記憶力や視力の向上を促します。DHAと似た働きをするEPAのサプリと一緒に摂取すると、アレルギー予防や精神の安定など、相乗効果も期待できます。医学の研究結果によると、16週間DHAサプリを摂取した人は、平均して28%の中性脂肪が減少したと報告されており、国の審査でも証明されています。そのため、DHAサプリは特定保健用食品に指定されています。中性脂肪が減少すると、悪玉コレステロールが増えにくなり、動脈硬化のリスクが低下します。血小板凝集を抑えることにより、血栓ができにくくなるため、脳梗塞や心筋梗塞のリスクが下がります。このような作用があるため、生活習慣病を予防できるのです。しかし、いくらDHAが体に良いサプリだからといって、過剰に摂取するのは禁物です。過剰に摂取すると、血液凝集せず、かさぶたができにくくなったり、貧血になる可能性があります。男性の場合、2グラムから2.4グラム、女性の場合は1.6グラムから2グラムが適量となります。